完全電気自動車の乗り心地 久住高原


晴れ、残雪少々。気温2度、強風春一番なみ。

この条件のなか久住高原で電気で動く自動車の試乗をしました。三菱MiEVです。
最大走行距離160キロ。ドライブには最高の視界。さむいけど。
それがレンタカーとしても使えるんです。竹田市に本拠をおく田部モータースさん。 


この日は97キロ走れる条件で高原に到着。
この車は完全電気。というわけで軽なんです。
時速80キロほどは軽く出た模様。
一番は静かさ。
まず、スタートするとき全く音がしない。REDYというグリーンの表示になったら走行可能に。
アクセルを踏むとスーと加速 。時速80キロほどは軽く出た模様。
2番目はクリーン。高原の空気を汚さないこと。

3番目はメーターが回復すること。ま、これが驚きでした。
普通と違うのはシフトレバーにD以外にEkoとBというポジションがあること。
通常はエコEkoポジションで走行するけれど下りではBポジションにすると面白い現象に。
走行可能距離が充電されてメーターがもどること。
高原を約1時間ほどドライブして走行可能残りが50キロを切ったところで、車を返しに行くことにして
国道442号から竹田までほぼずーと下りのためBシフトで走行。
感覚はエンジンブレーキがかかったような状態。 するとお借りしたロータス田部につくころには71キロまで
走行可能距離がもどって得したような気分。 
ひとつ面白かったのは、暖房を入れると、走行可能距離に10から15キロほど影響があること。
室内があったまって暖房をOFFにすると また走行可能距離も戻ること。(完全に戻るのにタイムラグがありますが)
 

      取材協力 ロータス田部モータース。0974-63-3210

6月1日訪問するとロータス田部本社2回の隠し部屋を発見。
日曜美術館にしようかと。これから楽しみ。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。