3月8.9日開催中 エコミュージアム研究会イン竹田


地域まるごと博物館。そこにある自然、環境、歴史、建物、ひと、暮らし
すべてが丸ごと博物館という構想。
エコミュージアム構想の街竹田では全国でエコミュージアム構想を
推進する諸団体と連携し、全国大会を開催中。

その一コマをきりとってお届け。3月9日まで。
8日、ここでは先進事例の紹介と交流を兼ねて竹田の地元料理でおもてなし。




実行委員長の挨拶アンド地元のお料理紹介。

やっぱり、春の山菜のてんぷら。蕗の薹、タラの芽など….から

とうふ、こんにゃく、しいたけなどを竹炭にていただく。竹田田楽

やっぱり、豊後牛と牛蒡を添えて

野菜はおてのもの、荻のトマトがもうでてます。

山女魚(こちらではエノハ)という渓流の女王。

無農薬米にサフラン(従来はサフランライスなのが今回はオムスビ)

なんとつけもの、うめぼし、しその実、大分名物のとりてんまで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。