久住高原 新クロスカントリーコース


久住高原の大分からの玄関口にあたる小倉地区。
ここに新たなアスリートの聖地をつくろうと地元の有志が立ち上がりました。
普段は採放牧地といわれる原野の防火帯を活用してアスリートのランニングコースを作っていこうという発想。元筑紫女学園陸上部河村邦彦監督のご紹介の元
今回はバルセロナ五輪銀メダリストの森下広一監督のご尽力をもらって検証。
CIMG2759総延長2キロの起伏に富んだコース設定となりました。CIMG2793
とおくには久住連山が一望できる抜群のロケーション。標高も600㍍を越えて真夏でも抜群の立地となります。
CIMG2763

雲ひとつない快晴。少し汗ばむ陽気でした。
CIMG2777
高低差約30㍍はあろうかという登り坂、クロスカントリーコースの名物になりそうです。
CIMG2772
境界線は下界から見えないように工夫されています。
CIMG2768
野芝の感触も心地よさそうです。角度を調整すれば天然の芝コースとなりそうです。CIMG2780
概略2㌔は充分にとれることがわかりました。今年には試走ができるのではと
期待しています。
右回りを森下コース、左まわりを河村コースというようなお話も飛び出して
夢が広がりますね。
このあとにはグラウンドや400㍍のトラック、直売所など地域力を活かしてみたいとどこまでも可能性を追求できる懐の深さを秘めています。こうご期待。
morishitasan

色紙には「自信」の一言が添えられておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。