登山する温泉 法華院温泉山荘   温泉と宿泊


坊がつるの北西稜に位置する山荘は、鎌倉時代を開基とする
九重山法華院白水寺として栄え、天台宗の一大霊場でした。
山伏などの山岳信仰の代表格ですね。
明治になり信仰の山から登山の聖地の山へと変化する中、
山宿を始めたのが、1882年。
坊がつる讃歌やミヤマキリシマで多くの登山者に親しまれ、
またくじゅう連山の目的地としても四季を通じて賑わいをみせています。
車では味わえない、九州最高所の温泉に浸り、星を眺め、五感をリフ
レッシュさせてみるのも。

写真なまだありません。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。