生まれ変わった『豊後くたみ温泉ほていの湯』続編


※2か月前の記事を再度ご紹介しています。

 

さて知られざる特徴その2です。

北投石(ほくとうせき)とは?
北投石は台湾の北投温泉で発見された極めて貴重な鉱物。
しかし、それ以前に秋田県玉川温泉で発見された鉱物が
台湾のそれと同じものであると判明。

北投石は世界中でも台湾の「北投温泉」と秋田県の「玉川温泉」にのみ存在。
【薬石】としても有名で、極めて高い医療効果が期待されるもので、
あらゆる疾病に有効であるといわれている。

玉川温泉の北投石は1952年に特別天然記念物に指定されています。
現在は採取が禁止されていますが、
「健康によい」などとしばしばマスメディア等で取り上げられています。
承認された僅かな北投石のみが現在販売されています。 

以上、簡単に説明しましたが北投石、なんとなくおわかりいただけたでしょうか?
この石がなんと「くたみ温泉ほていの湯」に設置されたとのこと。

 画像左から放射線測定器ガイガーカウンター、北投石は放射線、ラジウム等を放出しています、
北投石サンプル(サンプルとはいえめちゃ高価)
ガイド人が持ってます^.^
温泉に置いてあるメッセージノート、遠くから定期的に訪れるお客さん多数、頷けますね。

えっー、放射線って身体に悪いんじゃ!と思った無知な私。
放射線ホルミシス効果というのがあるらしい。

ホルミシスとは?
大量に浴びると害を及ぼすものでも少量だと逆に良い、健康面にプラスに働くこと。
例えばお酒も少量嗜むには百薬の長といわれていること…..と同じ原理なのでしょう。

ほていの湯は不思議なご縁から温泉を始められましたが、
この北投石との出会いも布袋さまのご縁で授かったのかもしれませんね^^

というこの布袋様にも、不思議なご縁があるそうです。 温泉館の中央の大黒柱と一緒におられます。

というわけで元々の温泉としての
特徴+ゼロ磁場+北投石のトリプル効果
をお楽しみいただけますよ。
是非おでかけくださいね。 
館長の神田さんからはもっと詳しいお話がきけますよ。
お気軽にお声かけくださいね。 

入浴料 大人500円・小人300円(幼児無料)
    家族風呂1200円~(50分)

大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。