ラグビー速報その4 久住「絆」プロジェクト2012


ふくしまを忘れない。
ラグビーを通じて福島と大分の絆をつなぐ 500名規模の合同合宿プロジェクトまであと12日。

竹田市文化会館内に事務局が設置してある 竹田市RAGBYFOOTBALL協会は今回の
大分県北部西部豪雨の被害が直撃したため思うように活動が進められないのが実情。
そういった中、久住高原側では受け入れでできる限りの対応をしようと準備に入っています。
今できることを……。
 
すぐ近くのまんじゅうハウスさんではさしいれ手配についてお話しました。 
くじゅうの風、ビュウ、アルク、パルクラブ、くしふるの大地、ガンジーファーム、
トウキビ農家さん、トマト農家さんなどへ要請も。 

さて久住スポーツ研修センターでは小学生のラグビークラブ・中学生・高校生・
大学生・社会人と幅広い研修をうけいれています。各種レベルの合宿を受け入れ
ながらの準備をおこなうことになります。

今日も小学生が合同合宿中でした。いい風景です。おすそ分けです。

7月14日から7月16日2泊3日で大分県内、別府・玖珠・臼杵・日田
のラグビークラブ100名 超が合宿。うち、14日は中止、日田は災害のため不参加と約80名の
参加。
 
女の子も交えての練習試合は大人以上に白熱の中、微笑ましい場面もあり思わず拍手モノでした。

  

2 thoughts on “ラグビー速報その4 久住「絆」プロジェクト2012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。