防火帯づくり。地元の自然環境の維持


今年も三番草の刈り取りを終えて
来年の野焼きのために準備がすすみます。
野焼きを実施するために7メートル幅の防火帯を作ります。
まるで草地を輪で取り囲むように10キロの道路状の火止まり地帯を
作ります。今年は台風が10月に集中したため、ようやく14日に稲刈り
の合間を縫って実施されました。こちらは中部牧野。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。