薪づくり、新昔話


30年ものの檪(くぬぎ)。伐採後は乾燥させて、来年用に。
シイタケの原木として使い、枝は薪ストーブ用として無駄なく使われるそう。

昔話そのもの「おじいさんは山へ樵に柴刈りに….」といったところかな。
いい仕事してますね。株を残して、芽欠きしてあるとわき芽が出てまた育つそうな。
再生可能エネルギーてことかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。