久住の秋をもらう。梅屋佐藤邸


秋の味覚が実りました。
久住町なかの旧家梅屋さんちに立ち寄ると柿のご馳走に出会いました。
ついでに久住の昔のお話も少し伺うことができました。
趣味の木工の手を休めて。一服。(銀杏の樹) 

大分県各郡史
大正15年10月20日発行の地域の様子を記録したもの。今日は平成24年10月20日、不思議な日です。
 登山、牧畜、温泉の表記が見て取れます。そのころにはすでに九州アルプスの呼び名もありました。
 

 

珍しいものをもう一つと 
祖父の還暦祝い「友人による雅集。 」だとか。久住は宿場の町として栄えた名残りがまだあちこちにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。