山頂まで、あと一息でしたが。


さてさてくじゅう高原のご案内の再開です。今が紅葉真っ盛り。
「紅葉が山から舞い降りる」とは地元の方の言葉です。 

地元と言えば、久住山にちなんでくじゅうさん。
93歳になると頂上にたったと長寿のお祝いをする
というお話を地元の方からお聴きしたことがあります。

私事で恐縮ですが先日10月22日に母を92歳で
見送ることになりました。 数え年でいうと93歳かなとも思います。
前日に「明日はもうおらん」と言い残し、翌日には天に召されました。
所要を終え、くじゅう高原にもどる途中、雲間に輝く、龍をみつけました。思わず合掌。

国道442号線久住高原へ戻ってきた実感がわいてきます。
なんと今日は10月31日。

紅葉も見事に山頂から降りてきています。 
あいかわらず、悠久のときを刻む久住高原です。
そういえば、黒川を過ぎると10度でした。秋本番です。
これから冬にむけて凍結が心配された黒川ー瀬の本間もまっすぐに快適でした。

 

2 thoughts on “山頂まで、あと一息でしたが。

  1. 横浜の旅人

    お母様とのお別れ、心中お察し致します(合掌

    不謹慎で恐縮ですが、3枚目の画像良いですね。
    瀬の本側からR442を登ってきて、左コーナーを曲がると見えるこの標識が何とも懐かしいです、何キロか進むとあざみ台展望所ですもんね(溜息

    6月には部分開通していた、黒川―瀬の本間も遂に直線道路ですか?便利になって行きますが、だんだんと味が無くなってしまうのですね。
    個人的に残念なのは、R442の竹田市役所久住支所やあの商店街を回避したバイバスですが、、、車走行するには綺麗で道幅も広く、走りやすくなりましたが、あの味のある狭い商店街を走行するのが好きでした。。。

    早く久住・阿蘇界隈に訪問したいです。

    1. mrkuju Post author

      横浜の旅人さま

      再度のコメントありがとうございます。
      3枚目の画像、私もいちばん載せたかった画像です。
      出張に行くたび、実家やよそに出向くたび、この標識を見ると『あ~、久住に帰ってきたなー』とうれしくなりました。
      あっ、そういえばあざみ台展望所は9月より水曜日が定休日となりました!

      久住町商店街、味のあると表現していただきとてもうれしいです^^
      再訪されるのを心待ちにしております、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。